今回は珍しく東京へ取材。
と言うのも、つくば市に本社のある株式会社ワポーターさんが、表参道で期間ショップをオープンします!

 

株式会社ワポーターさんは、「和を運ぶ」=「Wa porter」が由来の会社で、優れた日本の工芸技術や工芸品、食文化を国内外へ流通促進の為に活動している会社です。
今回は、IBARAKI Short-Tream Shopと題して、茨城県内で活躍する伝統工芸士や作家さんの作品を一同に集め原宿ART・IN・GALLERY(アート・イン・ギャラリー)で開催されます。
そのプレオープン・レセプションパーティーに参加させていただきました。

浮世絵手隙木版画・渡辺木版さんや友禅染・きぬの染、西ノ内和紙・紙のさとさんなど総勢11工房とwaporter開発商品など茨城有数の工芸品がファッション、デザイン、カルチャー、日本国内においても最先端がそろう街、原宿に集結。
道路側に広く見開かれたガラス窓からは、興味ある方が次々に立ち止まり、オープン前から商品をご覧になって行きました。

今回の期間ショップ開催についてワポーター代表飯村祐子さんにお話を伺いました。
「全国でプロモート、ランキング最下位という茨城県ですが、良いものが沢山ありそれを作る作者の思いも伝えたい。
それも、競争の厳しい東京で勝負したいと思い開催しました。
特に、外国人の方、都会の普及品に飽きた方に日本のハンドメイド作品を再認識して欲しい。
ハンドメイドの作品を使い、普及品では感じられない豊かな時間を持って欲しい。
これは、手作りが持つ特別な力だと思います。
今回は、東京ですが、いずれ世界へ届けたいと思っています。」


飯村さん自身も茨城県出身、そしてアジア、中東、ヨーロッパ、アメリアなど数々の国際経験をもち、
日本のみならず海外のデザインにも精通している、まさにスーパーレディー。
外からの視点を持つ飯村さんは、日本の魅力そして茨城の魅力をさらに違う切り口で届けることが出来るのではないでしょうか。
2013年9月設立と若い会社ですが、まさに「和を運ぶ」を実現に向けて、進んでいます。
今回の期間ショップは3月9日(月)まで開催しています。
ぜひ、足を運んでみてください。

IBARAKI Short-Tream Shop
【期間】3月1日(日)〜3月9日(月)
【時間】11時〜20時
【会場】ART・IN・GALLERY(アート・イン・ギャラリー)
【住所】〒150-0001党強と渋谷区神宮前4-25-3

詳しくは、株式会社ワポーターfacebookページをご覧下さい。
https://www.facebook.com/waporterjapan/