お盆過ぎたらすっかり涼しくなっちゃいましたね。
夜も寒くて目が覚めたり、あの猛暑がなんだったんだろうという感じです。
涼しくなって、外に出るのも丁度良い時期になったので、桜川市真壁にある酒蔵花の井・西岡本店で開催されている「怪宴・花の井」に行ってきました。

 

西岡本店は、なんと天明2年創業。
天明2年と言われてもピンと来ないですが、1782年だそうで、233年の歴史ある酒蔵です。
その蔵の一部をギャラリーとして利用していて、様々な催しものが開催されているそうです。
今回は、オンラインマーケット6っこくでもおなじみのひょうたん細工「筑波かぶきん堂」さんと、ウッドバーニングアーティスト「翔」さんの二人展。
怪宴と言うだけあって、ひょうたんもお化けのようなランプや百鬼夜行をモチーフにしたウッドバーニングなど、和風妖怪が蔵の至る所に展示されています。
しかも、昔のまま残された蔵の雰囲気と相まって、ほんとうに蔵に妖怪が棲んでいるような雰囲気。
翔さんの作品は、どれも本当に木に呪いがかかって、浮かび上がっているんじゃないかというぐらいの生々しさ。
女性のお化けの髪の毛はいっぽんいっぽんが生きている様でゾクっとします。
かぶきん堂さんが種から育てたひょうたんと、翔さんのウッドバーニングのコラボ作品もとってもステキでした!

会場では、ウッドバーニングのワークショップもやっていて、若ちゃんもチャレンジしてみました。
全然モチーフが思い浮かばなかったので、大好きなたこ焼きを書いてみました。
普段はパソコンばっかりで絵を書いているので、手書きで書くどドキドキしますね…。
焦げすぎちゃったり線がうまく掛けなかったりなかなか難しかったですが、自分でもびっくりなお気に入りのたこ焼きウッドバーニングが出来ました!

 

怪宴・花の井は、9月13日まで開催中です!
お化け屋敷ではないので、全然怖くないですよ!
9月6日(日)には、吉川忠英 震災復興 酒蔵ライブ2015in真壁も開催されます。
ぜひ、花の井・西岡本店へ足を運んでみてください。

詳しくは、公式facebookページへ
https://www.facebook.com/kaienhananoi/