穏やかな水面が広がる牛久沼の辺りにある牛久沼水辺公園で、ことしもとんび凧あげ大会が開催されました。
今日は、天気もよく暖かで、風もちょうどよく吹く凧揚げ日和!
青空高く、とんび凧が舞い上がっていました。

 

 

 

とんび凧とは?

とんび凧は、龍ケ崎市に古くから伝わる凧で、竹ひごと和紙で作られています。
しかし、洋風の凧の普及やテレビゲームなど他の遊びの普及などにともない、凧そのものの人気も下降。
そんな時代の流れの中、とんび凧はつくり手がいなくなり、その伝統が途切れてしまいました。

そんなとんび凧を復活させたのが、「とんび凧保存会」の皆さん。
現存していたとんび凧を丁寧に観察し、竹ひごにテーパーを付けてしならせたり、つなぎ目には切れ目を入れて、しっかりと組合せたり、先人の知恵を読み解く努力をされたそうです。
そして、また天高く舞い上がるとんび凧が復活しました。

たこ揚げ大会は、去年に続き今年で2回目。
すこしずつですが、とんび凧も知ってもらえるようになってきて、今回もたくさんの参加者が凧揚げを楽しんでいました。
去年は天候も悪く大変でしたが、今年は本当に気持ちの良い晴天。
スイスイと飛ぶとんび凧もとても気持ちよさそうでした。

 

見てかわいい、食べて美味しいうなぎパン!

地元、グルメも集まって、佐貫商店街エンゼルパン屋さんからは、こんなかわいいうなぎパン!
チョコレートといちごクリーム味の2種類。
中にもたっぷりクリーム入ってます!
牛久沼といえばうなぎですからね!

とんび凧に、牛久沼に、うなぎパン!
ご当地名物がめいいっぱい詰まった凧揚げ大会でした!