今日は、春を告げる告げるイベント女化神社「初午」に行ってきました。
初午は、旧暦で数えて最初の午の日に開催されるイベントで、今年はかなり遅い開催。
今日は天気もよくてとても暖かい日で、沢山の方が神社に来てました。

 

沢山の出店が出て、境内は賑やか。
でも、ちょっと不思議なのは、牛久や龍ケ崎のお店は全然出てません。
この辺りが不思議だと思ってたんですが、いろいろ話しを聞いてみると、
もしかしたら、女化がまだ誰も住んでないような荒れ地だったころ、
最初に入植に挑戦して県外から沢山の人が来たので、もしかしたらそのせいなのでは??
説が出てきました。
本当のところは分かりませんが、知ってる方いらっしゃったら教えてくださいm(_ _)m

女化神社は、「娘に化けた狐のはなし」という昔話が残ってる伝説の地で、
北に500mほど進むと、娘に化けていた狐が隠れたといわれる奥の院があります。
そちらまで行く人は少ないですが、奥の院まで行くと凛と張りつめた独特の空気が
物語の中に入ってしまいそうな感覚になります。
いつもは、お供え用の油揚げを売ってるんですが、今年はありませんでしたね…。
油揚げが沢山ぶら下がってる風景は、さらに不思議な世界です。
楽しみにしてたのに、ちょっと残念。

 

今年の初午は、3月末ということもあり、駐車場の桜もかなり咲いていて、
お花見しながらの初午という感じでした。
あと、数日もしたら一面満開の桜が咲き乱れそうです。
神社で参拝とお花見なんていうのも中々オツですね!

女化神社
http://www.ushikukankou.com/onabakeinari.htm